節句の由来

  1. ホーム
  2. 節句の由来

美しく健やかにと願う雛人形

三月初めの巳の日(上巳)、草や紙、木で作った簡素な人形、(ひとがた)に自分の厄や災いを移して川や海へ流した流し雛と 平安時代に宮中で行われていたといわれるお人形遊び(ひいな遊び)とが結びついたのが、現在の「ひなまつり」です。したがって、 雛人形には生まれたばかりの子供が健やかで優しい女性に育つようにとの家族の願いが込められています。 江戸時代、文化文政の頃には民間でも最高の生活様式は宮中にあるとして、一般でも内裏雛、左右両大臣、三人官女、邦楽の楽人たちを飾るようになりました。 袴(はかま)を履き、裃(かみしも)姿で武家装束の五人囃子は江戸時代に楽人の代わりに加えられた人形で、能楽の囃子方です。 ともあれ、雛人形は幼子の形代(かたしろ)としての考えにより生まれた人形ですから、どうぞ災いがふり掛かりませんように、また 、美しく成長してよい結婚に恵まれ、人生の幸福を得られますようにという、暖かい想いを込めて飾るのです。

ひな人形を飾ることは・・・

女の子が誕生すると、その子の無事な成長を願って雛人形を飾ります。平安時代よりの上巳の禊ぎに由来するひな祭りですから 、人形に厄災を移し祓うという本来の意味がそこにあります。初節句の祝いに飾った人形は大切にしまっておいて、毎年のひな祭り に飾り、お子様の年々の健やかな成長をお祝いします。女の子が無事に成人し、お嫁入りして女の赤ちゃんが生まれたら、その子の ために新しい雛人形でお祝いしてください。そして、お母さんのお人形は、感謝の気持ちで供養してください。


このページの先頭へ



健やかに逞しくと願う五月人形

五月人形由来

五月五日の「こどもの日」を端午の節句、菖蒲の節句と呼びますが、古代中国では五月初めの丑の日に邪気を払うために蓬で作った 人形や虎を軒に飾り、粽や柏餅を食べたり、菖蒲を浸した酒を飲むなどの行事が行われていました。鎌倉、室町の時代の武家屋敷では 五月の節句に、梅雨前の手入れのため外に旗幟や吹流しを飾り、座敷には鎧や兜を飾りました。「菖蒲」と「尚武」の音が同じである ことから、江戸時代には男児の節句として武家の行事が広く一般にも広がり、男児の健康と出世を願う祭りとして盛大になっていきました。

このページの先頭へ



輝かしい未来を託す鯉のぼり

鯉のぼり由来

江戸時代「鯉の吹流し」と呼ばれていた鯉のぼりは、町民が考え出したものだと言われています。鯉は生命力が強く、出世魚とされて いて男児の立身出世を象徴するのにふさわしい魚だと考えられていたからで、まな板の上に乗ると覚悟を決めて暴れない潔さも好まれた のでしょう。また、古代中国の伝説では、黄河の奔流を上った鯉が、その上流の龍門を昇るとやがて龍と化し、天に昇ったという「鯉龍変幻」 の信仰があります。世に出ることを意味する「登龍門」という言葉もこの伝説が語源となっていますが、これらが男児の立身出世と健康を願う 家族の気持ちを結びつけたのでしょう。

このページの先頭へ

カタログのご請求はこちらから

店舗情報

株式会社  古越商店
北海道旭川市3条通11丁目左3号
TEL:0166-23-5380
MAIL:メールアドレス
店舗外観


-Link-

当店の造花商品紹介ページです。
旭川市情報サイト。